設備・仕様

構造

一層強固な地盤改良

一層強固な地盤改良

マンション建設地の地盤をより一層強くし、そこにフーチング(基礎底盤)を安定させるために、地盤内をセメント系固化材で固めることでより強い地盤にし、強固なマンション構造を実現しています。

柱

建物全体をしっかりと支える柱は頑丈な鉄筋コンクリート造。硬くて太い異形鉄筋を縦方向に配し、その回りに鉄筋のフープを約100mm間隔で巻きつけ固定します。その上に型枠を組み込み、コンクリートを打ち込んで固め、頑強な鉄筋コンクリートの柱に仕上げます。

戸境の厚さ

戸境の厚さ

住戸間の戸境壁は、厚さ180mmとし、住戸間のプライバシーに配慮しています。

ボイドスラブ工法

ボイドスラブ工法

床スラブはボイド型枠を採用したボイドスラブを採用することで、強度を落とさず重量を軽減し、構造耐力上の小梁を少なくしています。これにより柱や梁の出っ張らないすっきりとした空間造りが可能となり、また段差が無く安全に配慮したフラットフロアを実現しました。

【地質調査】

建設地の地盤調査や地質調査を実施しています。しっかりとした地盤を探し出した上で、その地盤に適合する基礎設計を行います。強固な建物とそれを支える地盤、それを一体化させる基礎が強みを発揮します。

【床スラブ】

床スラブは、ダブル配筋を施した鉄筋コンクリートで、厚さ最大250mm (フローリングは遮音等級LL-45仕様)としています。上下階の日常生活から発生する音にも配慮しています。

【戸境壁】

戸境壁は鉄筋を格子状に組み上げる工程において、鉄筋を二重に組むダブル配筋を標準施工とし、強度と耐久性を高めています。

【地震対策】

地震で建物に影響が及んでも、一定レベルまでは玄関扉(対震構造玄関ドア枠)が開き、避難通路を確保できるように配慮しています。また、共用部のエレベーターは、地震時にただちに最寄階に停止させ、ドアを開く自動着床装置を採用しています。※震度によって効果は異なります。

※掲載の室内写真はモデルルーム(Aタイプ※モデルルームプラン)にて撮影(平成29年6月)したものです。一部、施工例・参考写真を含みます。家具・調度品は分譲価格には含まれておりません。